人気ブログランキング |

~上本町発 あえブロ~ サブリース,出店/退店サポート,海外進出,PM/BMは日本アシストにお任せ!

assist01.exblog.jp

【(株)日本アシストの社員による日本をアシストブログ】   業務例:出店/退店サポート・店舗サブリース・PM・BM・海外進出サポート・海外レンタルオフィス

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ズシャーッとスライディングしても、金曜日に間に合いませんでした。

すでに日曜日です(涙

今回は、私が後輩から受けた
「日本アシストのサブリースって何ができるの?」
と質問についてです。

先に答えを言うと、

「何でもできます!」


サブリースとは、前回の記事でお伝えした通り、転貸や一括借上げといった意味で幅広く使われます。

日本アシストがサブリースする際に一番気を付けていることは、

オーナー様の資産である不動産を管理維持し、借りた状態でお返しすること。
転借人の方の営業権が守ること。

大きくはこの2つです。

この2つが守られれば、物件の規模の大小や地域問わずどのような物件でも検討いたします。


もう一つ後輩から、
「日本アシストのサブリースの目的は?」
と聞かれたのですが、

ぶっちゃけ、日本アシストのサブリースの目的は

オーナー様の資産を守ることです!


月極駐車場にはよく「月極駐車場 管理会社 0X-XXXX-XXXX」という看板が掲げられています。
この看板はみなさんご覧になったことがあることかと思います。
住居でも管理会社は存在します。
マンションだと、1階のエントランスに管理人がいたり、週に1回程清掃に来る人がいますよね。
それが管理会社です。
オーナーと賃借人の間にたち、いろいろなトラブルを解決してくれる存在です。


しかし、店舗の場合は?

そう・・・
ほとんどがオーナー様とテナントの直接契約です。

そうするとどんな事態が起こるか?
・駐車場でテナントのお客様が事故をして建物を破壊した。→ 保障して!
・雨漏りした。→ どうにかして!
・売り上げが悪い→ 家賃下げて!
・売り上げが悪い→ 家賃払えなかった!
・お店がうまくいかない→ 夜逃げした!
・夜逃げした!→ お店にいろいろなものが残ってるけど処分しなきゃ!


テナントに貸したはいいけど、
よくわからないことばかり(´・ω・`)

どうしよう(´・ω・`?)

新しくテナントを呼んでくるのも、
閉店してしまうのもオーナー様にとっては大変なことですが、
実は営業中も大変なことばかり。

そんなオーナー様の悩みを解決するのが、
日本アシストのサブリースなのです。

オーナー様の資産を守ること!
それが日本アシストのサブリースの目的なのです。


次回は、
日本アシスト最初のサブリースの話をしたいと思います。
ではでは、更新遅くなりましたが吉田がお送りいたしました。
by nihonassist | 2013-06-30 00:47 | サブリース
こんばんは。本社海外事業グループの玉城(タマシロ)です。

先週お話した東南アジア圏でのフランチャイズ事業に関して、日本人にとっては目からうろこというかあきれてしまうようなことが実際に起こります。
(現地ではいたって当たり前なところがさらに驚きです、これぞまさにカントリーギャップです。)

a0215492_1920201.jpg



このような、『フランチャイズ加盟のご案内』というパンフレットって、日本企業にとっては、いわばあって当たり前。
当然、実績に基づいた『事業収支』(〇〇の売り上げがあれば、原価率◇◇%で最終利益予測は△△だ)があってのパンフレットですよね。

しかし、

そんな考えが東南アジア圏には極めて希薄です。
(語弊があればすいません、あくまで私の経験値としてですが多分に)

当然、先述した『事業モデル』なるものも東南アジア諸国のフランチャイズでは重視されません。

では、どうやってFC加盟するの?

Why!?

アジア舞台に飲食企業様の展開支援しているうえで付きまとう『フランチャイズ』に関するギャップに

「・・・なんやこれ、こんなんじゃ仕事になりません!!」

とあきれている自分にひとこと。

・・・でも、もしかするとこれが世界基準になるかもしれないよ。

これがマーケットに伸びシロがあるが故の違和感かもしれません。

経済が右肩上がりで発展している地域では、今の日本人のような危機管理意識より機会喪失を嫌うのでしょうか。細かいことは気にせず本部に頼らず自分たちでやってしまいます。

もしかすると、私たちが日本で経験できなかった高度経済成長の一端の表れかもしれません。


日本での物差しを捨てなければ測れない価値観があるのかなぁ。

楽しいなぁ~♪

今夜もこんなジレンマを感じながらも世界と触れ合う喜びをかみしめます。
by nihonassist | 2013-06-24 19:56 | 東南アジア フランチャイズ
こんばんは。
第二回目サブリースの時間です。

今日は私の先輩社員の山口さんが手掛けたサブリースの話です。

ニューイング草加店です。
激安文具の店として地域にとても愛されてるお店です。
a0215492_13471326.jpg


この店舗は、コンビニ居抜き物件です。
よく見るとコンビニの看板跡らしきものがみえてきませんか?

出店コストを抑えて、且つ、道路付けも良く地域の人に認知されている場所に出店したいという思っていたお客様の要望が

日本アシストがサブリースしていた物件とが合致し、出店していただけることになりました。

次回は、私が最近後輩から質問を受けた
日本アシストのサブリースって何が出来るの?
についてです。

では、また次回♪

更新者:吉田
by nihonassist | 2013-06-21 23:58 | サブリース

ヘイズ@シンガポール

おはようございます!
シンガポールのヘイズのことは、ご存知ですか?

こちら昨日18:30のシンガポール
a0215492_94129100.jpg

そして現在(8:40)の様子です。
a0215492_9485912.jpg

空気が白いのが分かりますか?

お隣のインドネシアにおける焼畑や山火事の影響だそうですが、
本当に真っ白!症状には個人差がありますが、室内にいても喉に違和感を覚えます。

毎日のヘイズ指数はこちらのWebsite(http://app2.nea.gov.sg/home)で確認できますが、
ちなみに現在、PSI 152-173 Unhealthy(体に良くない)とされるレベル。

恥ずかしながら、昨日までこんなことが起こるなんて知りませんでした。
日本は台風が近づいているそうですが、こちらは雨が降ることを祈るばかりです。


以上、シンガポールより角野が更新させて頂きました!
by nihonassist | 2013-06-20 09:55 | シンガポール その他
こんばんは。本社から玉城です。

今夜は、「まえふり」です。

日本アシストは東南アジア諸国への日本ブランドの展開支援を掲げて日々邁進しております。

この頃、よく『フランチャイズ』に関する事案を頂戴しているのですが、

ふと日本という国の国民性を痛感する必要に迫られます。

元来、フランチャイズというシステムは、安易に創業者自らのノウハウや特権を現金化するためにのみ出来たのではないだろうかと痛感するシーンがアジア各国では日常的に発生しています。

とりわけ東南アジアの新興市場では、日本ではフランチャイズに値しないものまでもが、
真新しさが求められるマーケットでは価値を見出すことがままあるようです。

さて、次週から『サブリース』と並行して日本アシストの海外進出支援事業を通じて感じたことをUPDATEしていきますね。


玉城
by nihonassist | 2013-06-17 23:29 | 東南アジア フランチャイズ
本日から4週にわたって、毎週金曜日(今日はすべりこみですが)に日本アシストのサブリース業務についてお話する連続企画が始まりました♪♪

さてさて、本日が第1回目なわけですが、日本アシストの主力業務であるサブリースについてお話する前にまず、サブリースとは何なのかという触りからお話したいと思います。 

サブリースとは、 転貸や一括借り上げという意味で一般的に使われています。

 某建築会社や某ハウスメーカーは
アパートやマンション等の住居を

住居建築+一括借上げ 

というスキームでご商売していますね。
またそれ以外でも住居系のサブリース会社は多く存在し、インターネット上でも″サブリース″で検索して出てくるのは、住居系のページが多いです。


個人オーナー様にとって、
店舗物件が住居と大きく違うところは2つ。

1.相手が法人であること
2.空室時のテナント探しが難しいこと

住居であれば、
オーナー様と借主の間には大抵管理会社が存在しており、管理会社が契約や退室時のケアや入居者の募集までやっていたりしますが、店舗には殆どこういった会社が存在せず(ビル等はまた別です)、郊外の店舗であればテナントが直接オーナー様と契約を結ぶということも珍しくありません。
その場合、やはり相手は年間に何十店舗と開店させている企業ですから色々なノウハウを持っており、企業に不利益になるような契約は極力避けます。
オーナー様にとってはそれが都合の悪い契約かもしれなくても、分からず契約してしまうケースがあります。

また、うまく契約合意して開店をしても経済の変化、地域の変化により、閉店してしまうお店もあります。

そうなった時、どこに声をかけたらいいのか?


そう、わからない方がほとんどです。


地元不動産の看板がかかったまま何年も空店舗になっている物件を見たことがある人もいるかと思います。
それではせっかくのオーナー様の資産が宝の持ち腐れになってしまいます。


そこで、日本アシストのサブリースです!

続きは次回♪
実績の紹介も交えてご説明させて頂きます。


では、次回またお会いしましょう♪

更新者:吉田
by nihonassist | 2013-06-13 23:50 | サブリース

本社の風景

皆様、こんばんは。玉城(タマシロ)でございます。

本日は20時もまわり、そろそろ帰宅の時間です。

私が入社したのは今から6年前ですが、おかげさまでこれだけ多くのデスクが並ぶオフィスになりました。

ひとえに皆様のお力添えの賜物でございます。

ということで、恥ずかしながら、人生で初めてブログとやらを書きました。

何とも堅苦しい文体で恐縮です。

何事も挑戦あるのみ。

今度はFACEBOOKとやらに挑戦してみようかと思います。

a0215492_20261541.jpg
by nihonassist | 2013-06-10 20:28 | 日常